• 第1条
  • 旭市内の小・中・高校生が、社会的貢献を意図した活動を積極的に展開するために、 その資金的裏付けとなる助成金を提供し、それを通じて官・民・学が一体となって、子どもの 学びを支援するラーニング・コミュニティを形成する。
  • 第2条
  • 子どもの学びにおいて,現実的に制約の多い教育予算を支援し,子どもにより意味のある成長を促すためには、 「民」すなわち民間企業や市民の理解と協力によって子どもの学びを支援する資金的な基盤を形成することが 考えられる。この企画は、恩恵を受ける子どもたちにとってはキャリア教育としての意味をもち、提供する側にとっては 教育への理解と参加の契機を提供し、行政にとっては市ぐるみの教育展開を可能にするラーニング・コミュニティの 形成という、わが国ではあまり例のないプロジェクトとなる。
  • 第3条 「旭・学び助成金(旭3S)」を運営するために、「旭3S運営委員会」を設置する。
  • (1)運営委員会は、旭市内に所在する各種団体から推薦された者10名程度によって構成
         するものとし、委員長1名、副委員長若干名を委員の互選によって決定する。
  • (2)運営委員の任期は原則として2年とし、再任を妨げない。
  • (3)運営委員長・副委員長の任期は原則1年とし,再任を妨げない。
  • (4)運営委員会は「旭3S」の運営に関する最高決議機関とし、運営に関する諸事項を協議し、
         決定する。
  • 第4条 運営委員会は、申請案件を審査するために審査委員会を設置する。
  • (1)審査委員会は5名程度で構成するものとし、運営委員会が推薦する者とする。また、審査
         委員長1名、副審査委員長1名を互選により決定する。任期は1年とし,再任を妨げない。
  • (2)審査委員の任期は2年とし、再任を妨げない。
  • (3)運営委員長は審査委員長を兼務することはできない。
  • (4)審査委員会は、申請案件を公正に審査し、助成の対象及び金額等を決定する。
  • 第5条 運営委員会は、会務の執行を助けるために事務局を設置する。
  • (1)事務局は、運営委員会の指示を受けて会務を処理する。
  • (2)事務局員は、運営委員会の合議によって委嘱する。
  • (3)事務局は、募集・審査会の開催・報告会の実施・会計処理・広報など、「旭3S」の運用に関
         する一切の事務を担当する。
  • (4)事務局の運営にかかる費用は、集められた助成金の一部及び寄付金をもって充てる。
  • 第6条 助成金は、個人・法人会員の年会費による。
  • (1)個人会員(旭市及び近郊に在住する一般市民)  会費:年額1口1,000円
  • (2)法人会員(旭市及び近郊の法人)           会費:年額1口5,000円
  • (3)年会費は次年度分を3月末日までに納入するものとする。
  • (4)会員には会員証が交付されるとともに、年1回の報告書が送付される。
  • 第7条 学校の活動サイクルに合わせて年3回の応募締切日(6月・10月・2月)を設定し、
              審査員による審査の結果、応募案件のなかから助成対象を決定する。
  • (1)審査結果に応じて助成金額を決定し、必ずしも希望金額と一致するとは限らない。
  • (2)助成金総額は、集められた年会費から一定の運営経費を引いた額とする。
  • 第8条 助成を受けた個人または団体は、プロジェクトが終了した後に、所定の報告書を提出
              するとともに、旭3S会員を含む市民の前で成果を発表する。
  • (1)報告書提出期限は、年度末を限度に申請者が自己申告することができる。
  • (2)報告会は3月を定例とし、選定されたプロジェクトのうち特に優れていると思われるものを発
         表する
  • (3)事務局は、提出された報告書を冊子にまとめ、会員に配布する。
  • 第9条 応募資格は,以下に定める。
  • (1)旭市内の小・中・高校に在籍する児童・生徒ならだれでも応募できる。
  • (2)個人・グループ・学級・学年を対象とし、原則として学校単位の応募はできない。
  • 第10条 応募方法は,以下に定める
  • (1)所定の応募用紙に必要事項を記入し、プロジェクト企画書を添えて提出する。
         ※(旭3Sホームページ上から申請することもできる。)
  • (2)応募に際しては、「指導担当者(教員)」を1名特定するとともに、交付された助成金の管理
         責任者を兼ねる
  • 第11条 期限内に申請された案件は、審査委員会の審査を経て助成対象を決定する
  • (1)審査委員会は、申請案件のすべてについて、審査終了後、審査結果を各学校を通じて速や
         かに通知する
  • 第12条 審査基準は次の4点とし、募集に先立って事前に公表する
  • (1)多くの人のためになる(社会貢献)
  • (2)自分にとって役に立つ(自己形成)
  • (3)成果が具体的に示される(具体性)
  • (4)計画に無理がない(実現可能性)
  • 第13条 助成を受けた個人または団体は、活動終了後に報告書を事務局に提出する。
               報告書の形式は任意とする
  • (1)事務局は、提出された報告書をHPに掲載し、全国に向けて情報発信する。
  • (2)事務局主催による発表会を年1回開催し、助成を受けた個人または団体は市民の前で発表す
         る。
  • (3)発表会には、会員はもとより教育に関心のある人ならだれでも参加できる。
  • (発 効    : 平成19年1月19日)
  • (一部改正 : 平成20年2月17日)
  • (一部改正 : 平成20年6月20日)
  • (一部改正 : 平成21年6月21日)
  • (一部改正 : 平成25年10月19日)
Copyright(C)2008 ASAHI 3S. All Right Reserved.